※このサイトは2017年7月10日に情報更新されています。

顔イボの原因は2種類あり除去方法が違う

顔イボはなんでできるのか?

 

いぼはできる原因に加齢とウイルス性があり、顔イボは加齢によるものが多いんですが、若い年齢(幼少期含め)で顔イボができている方はウイルス性の事がほとんどです。

 

ウイルスのイメージ

 

イボは正式名称で疣贅(ゆうぜい)と呼ぼれていて、古くは「いいぼ」と言われていました。いいぼは「飯粒」を表す言葉で、顔についた「米粒のようだ」というのが由来とされています。

 

ウイルス性の顔イボの場合、原因となるウイルスはピトピロマーウイルス(HPV)というヒト乳頭腫ウイルスで、その種類や150以上もあります。

 

イボはができるカラダの部位には首や手足ができやすく、脇や背中にできる人もいますが、顔にできるイボは主に3種類に別れます。

 

それぞれの顔イボについて特徴を解説します。

 

顔イボの種類

尋常性疣贅(じんじょうせいゆうぜい)

ヒトピロマーウイルス(HPV)の、2/27/57型で感染してできる一番ポピュラーな顔イボのです。
尋常性疣贅は、小さな外傷から皮膚内にウイルスが親友することで発症します。

 

外的な要因で怪我などをする事の多い手足にできやすく、ニキビなどの外傷が原因で顔にとてもできやすいイボです。

 

顔イボは気になってしまい目についてしまうので、自分でいじる・けずる・ハサミで切るなどの荒療治をしてしまう人もいますが…

 

そこからウイルスが広がり顔イボのウイルス増殖してしまい範囲が広がってしまいます。

 

ただ自然治癒はしないので、イボは少しずる増殖していきます。
尋常性疣贅だと分かったら、第三者に移してしまうこともあるので早めの治療が必要となります。

 

扁平疣贅(へんぺいゆうぜい)

青年期に多くみられるイボで、顔や手にできることが多いことから青年性扁平疣贅とも呼ばれるイボです。

 

扁平疣贅は子供から中高年まで幅広い年齢層の人が発症するイボであることを覚えておいてください。
多い年齢・性別は20歳前後の若い女性にも多くみられる顔イボの種類です。

 

このイボもまた小さな傷からヒトピロマーウィルス(HPV)が入り込むことが原因ででき、。色としては肌色か褐色で褐色の場合はホクロのように見えることもあります。
名前のとおりで扁平(ひらたく)に隆起したイボが一度に沢山できるのが特徴です。

 

かゆみや赤みを伴うなど皮膚の炎症反応が起きることもあるので、こちらも若い女性はニキビと勘違いしてしまい、ニキビ治療薬を塗布する人もいます。
イボが炎症反応を起こしているのは悪い事ではなく、イボが治る前兆で、炎症反応がでてから2週間もすれば治る事もあります。

 

老人性疣贅(ろうじんせいゆうぜい)


老人性疣贅は老人性角化腫(ろうじんせいかくかしゅ)とも呼ばれ、発症のほとんどは皮膚の老化(加齢)が原因です。
特徴としては茶褐色または黒い色をしたイボです。

 

老人性疣贅は、顔だけではなく全身にできるので、そのままにしておくと大きくなり数も増えていきます。
あくまで皮膚の老化が原因で、悪性のものではないので、どうしても除去しなくてはならないイボではありません。

 

高齢者にとても多くみられるイボですが、若い人でもできてしまうことがあります。
老人性疣贅にとてもよく似たもので悪性黒色腫(あくせいこくしょくしゅ)や基底細胞がん(きていさいぼうがん)の場合もあるので、
除去はせずとも、気になる場合は速やかに皮膚科を受診して確認をおこなう事をおすすめします。

顔イボとニキビの違いを知る

顔にできるイボの中で若い年齢の方にできる青年性扁平疣贅をニキビと勘違いしている人がいますが、顔イボにニキビ治療をしたりニキビケア用品を使用しても治ることはありません。なので早い段階で見分けることで治りを早くする事ができるようにしましょう。

 

ニキビは毛穴詰まった皮脂汚れや化粧残りが詰まってアクネ菌が増殖する事で炎症をおこし赤く腫れる赤ニキビだったり、白っぽい膿がたまる白ニキビになります。
青年性扁平疣贅は肌色に近いものから褐色のものが多く、よく見るとニキビは半球形で、顔イボは平坦なのが見た目の特徴です。

 

青年性扁平疣贅はニキビのようにポツッと赤くなったり膿が溜まるものではなく、皮膚がそのまま盛り上がったような形をしているので、まずはここで自分の顔の出来てしまっているものが顔イボなのかニキビなのかを見分けるようにしましょう。

 

ニキビと間違ってクリームなどを顔に塗り広げてしまうと、ウイルスも一緒に顔に伸ばしてしまうことになります。チェックするときもなるべくイボに触れないように気をつけて下さい。

顔イボはなんでできるのかを詳しく解説

なぜ顔イボができるのか、サイトの冒頭で軽く触れましたが、ここではもう少し詳しく解説していきます。

 

「イボ」とは、皮膚から盛り上がっている小さなできもの今では指し「加齢性疣贅」と「ウイルス性疣贅」に分類されます。

 

加齢性疣贅


若い人に多いとお伝えした、顔イボの青年性疣贅(せいねんせいゆうぜい)は主にウイルス性であり、一方で加齢や紫外線などが原因で増発する老人性疣贅ですが、最近の研究では生活習慣によっては20,30代の女性でも出来てもおかしくないと言われています。

 

ウイルス性疣贅


人間の皮膚は大きく分けると、表皮真皮に分けられます。
顔イボの多くは、この表皮の深層にある基底細胞がヒトパピローマウイルスに感染して、その結果として表皮部分で腫瘍のように盛り上がって膨れます。

 

ウイルス性疣贅の顔イボの場合、体の奥深くには入らず、体の表面に近い細胞を冒すウイルスに蝕まれて発生するイボの事をいいます。

 

顔にできた小さな傷口から入ったウイルスによって、ある日、それまで何もなかったのに顔イボが突然現れることがあります。
ウイルスの感染が広がって増えていきますが、感染当初は気がつかないことが多いようです。

 

イボは皮膚がウイルスのよって冒されてしまった状態になるので、イボを掻いてつぶすと体の他の部位にも感染を広げてしまう可能性があります。
例でいうと、体毛処理を同じカミソリで行っていた女性が、顔イボをカミソリで削ってしまい首や腕にも飛び火したというけー

 

何度もキレイにひげを剃りすぎる人も、いくらきれいにしようとしても皮膚に傷を負い、ウイルスが入り込む隙を与えるのです。

 

顔イボを取る方法には、専用のハサミやレーザーでの取り方、液体窒素で固めて取る取り方、ステロイドなどの薬を使う取り方などがあります。

 

決して自分で何とかしようとするのではなく、イボを凍結させるか、焼却することによってイボの治療をすることが多いのですが、必要な場合には医者に見せるのがベストでしょう。

 

日焼け止めを塗り、紫外線の刺激を避け弱い肌を清潔にして、日ごろから正しい生活をおくり顔イボ・他の部位のイボにならない、広げないように注意していきましょう!

顔イボに効果があるヨクイニン(薏苡仁)

P72 ヨクイニン

顔イボを消す効果があるとして注目されているヨクイニンは、感じでかくと「薏苡仁」と漢方専門店では表されます。
漢方薬として処方箋薬局でも商法してもらえるもので「P72 ヨクイニン」として表記されている物が一般的です。

ヨクイニンは顔イボすべてに効果はない?


ヨクイニンで顔イボが治るといわれていますが、厳密には顔イボを治すのではなく、ウイルス性疣贅(ウイルス感染が原因のイボ)の顔イボを殺菌して消す事ができるだけで、主に尋常性疣贅(じんじょうせいゆうぜい)や扁平疣贅(へんぺいゆうぜい)には効果がありますが、老人性疣贅など加齢が原因のイボには効果がありません。

ウイルス性以外の顔イボの取り方は液体窒素


実際に顔イボを治療するための保険治療でも適応症として認められているのは尋常性疣贅と扁平疣贅に対してのみになります。

 

それ以外のイボについては、一般的に医療機関で液体窒素をつかい、「凍結療法」や「冷凍凝固法」という治療をおこない、液体窒素でイボの部分を急激に冷やすことで低温やけどを意図的におこして皮膚表面の異常組織を壊死(えし)させ、その後に、皮膚表面が死んだうえに新しい皮膚が形成されるという作用を複数回くりかえして皮膚の中のイボを消滅させてます。

 

この治療は場所によっては、ひどく痛みがある治療で、顔イボのような普段、お化粧をする女性は治療中は痛くてメイクする事ができない人もいるようです。

顔イボでおすすめの取り方・治し方


ヨクイニンは尋常性疣贅(じんじょうせいゆうぜい)と扁平疣贅(へんぺいゆうぜい)と2種類の顔イボを取る取り方としては有効で、外傷からのウイルス感染が原因である事が多いので、お子さん~50代前半の人でしたら「顔イボがこんなところにできた」と発見した場合には、初めから液体窒素で痛い思いをして治療するのは、時期尚早な考えです。

 

おすすめの方法としては、まずは自分の顔イボをヨクイニンで消す事ができるのかを試したうえで、どうしても取れない(治らない)場合には、医療機関を受診したうえで液体窒素による治療をおこなうというのが、痛みがすくない確認方法だと思います。

 

ヨクイニンにも錠剤や美容成分を配合した塗るタイプなどさまざまあるので、自分にあった商品を見つけるといった顔イボを楽しみながら治すって考え方もいいと思います。
年齢によるターンオーバーが年齢によって異なるため効果が見られる期間には個人差があるのですが、お子さんだと1ヶ月で顔イボが消えたという事例もあります。

 

大人の方の場合は、もう少し期間がかかり3ヶ月から長い人では1年ほどで顔イボが消えたという人もいました。

顔イボに効果があるヨクイニン商品

顔の疣贅(ゆうぜい)には治療をするのが一番ですが、手術費用はイボ1個につき5,000円~10,000円かかる事もあり、痛みもともない跡になってしまう場合もあります。

 

「顔イボを取りたい…けど痛いし治療費が高い」という人で、焦らずイボをなくしたいというのでしたら、まずイボを少しずつ除去してくれるイボ専用のスキンケアをしてみてはいかがでしょうか。

 

当サイトでは顔イボ除去に有効なイボケア成分配合のオールインワンジェル2商品をご紹介します。

 

クリアポロン

クリアポロンの画像

2017年4月「イボケア専用アイテム調査」で1257名の顔イボ・その他のイボの人を対象にした調査でイボケア商品として5冠達成したクリアポロンは使った人の満足度93.1%の指示を獲得しました。

 

Wヨクイニンがバランス良く疣贅(ゆうぜい)に作用して顔にできてしまったポツポツを除去してくれます!顔だけではなく、首・デコルテにできたイボにもご使用でき、イボ除去とあわせてお肌の環境をよくする美容成分もたっぷり配合のオールインワンなので顔イボ除去したあともスキンケアとしてご使用いただけます。

 

初回1,800円の定期コースでイボを除去するためのケアをお得にスタートする事ができます。

 

イボ除去商品として5冠達成のクリアポロン公式

公式サイトへ

艶つや習慣

艶つや習慣

顔イボ除去をはじめイボに悩む人から多くの指示をうけて50万個売れてる「艶つや習慣」がザラザラケア成分5倍で新登場しました。

 

艶つや習慣もオールインワンジェルなので、顔イボを除去するためのイボケアにはもちろんのことながら成分の98%が美容成分なので、普段からお使いいただけます。

 

艶つや習慣は初回2,052円円からはじめる事ができます。

 

顔イボ除去と合わせてスキンケア艶つや習慣公式

公式サイトへ

 

これから顔イボ除去でイボ取りをする方へ

ここまで顔イボについて、イボが出来てしまう原因2種類。できるイボには尋常性疣贅(じんじょうせいゆうぜい)・扁平疣贅(へんぺいゆうぜい)・老人性疣贅(ろうじんせいゆうぜい)と大きく分けて3種類あり、それぞれケア方法をちがうことがわかりました。

 

これから顔イボを取りたい…除去したいという人で、加齢以外が原因の人は、しっかりケアをおこなえば治療で痛みを我慢しなくてもキレイな肌を取り戻すことができます。

 

まずは当サイトでご紹介したクリアポン・艶つや習慣のどちらかわ使ってみてください。公式サイトをご覧いただければ実績はたしかな商品なのでまずはご確認ください。

 

ただイボを治療して除去をするという選択をしない痛みがない顔イボ除去の方法なので時間は必要です。毎日すこしずつのケアを怠らず、地道にイボとさよならしてください。

その他イボ関連の情報

当サイトとは別に首イボ・イボに効果があるヨクイニン・イボに効果があるオールインワンジェル商品を紹介しているサイトも運用しています。当サイトでは案内していない情報も紹介してくれていますので、合わせてご覧ください。

首イボ治療法まとめのサイト ヨクイニンがイボに効果的のサイト 艶つや習慣と口コミのまとめサイト


その他おすすめサイト

2017年注目の青いダイエットティー!
青の花茶の効果